• ホーム
  • 性器ヘルペスの症状は?かゆみから始まって発熱・痛み・腫れなど

性器ヘルペスの症状は?かゆみから始まって発熱・痛み・腫れなど

性器ヘルペスは、主に性行為によって単純ヘルペスウイルスが性器に感染することで発症する性感染症です。単純ヘルペスウイルスは、人間の体に感染すると神経節に潜伏するという特性があるため、ヘルペスは再発率が高い病気です。特に、性器ヘルペスは、口唇ヘルペスよりも再発率が高いとされており、一度発症した人は約70%の確率で再発すると言われています。また、性器ヘルペスの症状は、単純ヘルペスウイルスに初感染した際に発症する初感染初発と、初感染時には無症状であるものの時間経過してから発症する非感染初発、再発の3つに分類され、それぞれ重症度が異なるのが特徴です。

単純ヘルペスウイルスに初めて感染した場合、約70%の人は無症状で済みますが、初感染初発が生じると重症化しやすいと言われています。初感染初発では、感染の原因となる性行為から2~10日程度で症状が現れ始めるのが特徴です。初めは性器やその周辺に、かゆみや痛みなどが伴った直径1~2mm程度の小さな水ぶくれが発生します。3~5日程度経過すると水ぶくれが破れて、皮膚や粘膜がただれた状態になり、激しい痛みに襲われる人も少なくありません。1週間程度経過した時点で最も重症化して、高熱や倦怠感、リンパ節の腫れなどが現れることがありますが、特に女性の場合は、激しい痛みによって排尿や歩行が困難になることもあります。これらの症状は、2~3週間程度で自然治癒しますが、抗ウイルス薬を使用すれば1~2週間程度で治癒させることが可能です。

非初感染初発は、初感染時には無症状で済んだものの、免疫力の低下などが原因で発症するもので、初感染初発に比べて症状が軽度であることが多く、治癒までの時間も短いという特徴があります。非初感染初発が引き起こされる原因は、疲労やストレスなどが挙げられ、女性の場合は月経が原因となるケースもあるようです。

また、再発も免疫力の低下などが原因で引き起こされることが多いです。非初感染初発と同じように初感染初発よりも軽症であることが多く、初発の際と同じ部位に発症する傾向がありますが、初発の際には発症しなかった部位にも痛みやかゆみを伴う水ぶくれやただれが数個ほど発生することがあります。なお、再発を繰り返していると、水ぶくれなどが現れる前に、前駆症状という患部に生じるヒリヒリ感やムズムズ感によって、再発を予兆できるようになると言われています。性器ヘルペスの再発は症状自体は軽いものの、発症確率が高いため、心身へのストレスが蓄積されていくことが大きな問題です。